スマートフォンの料金比較 安いキャリアはどこ?

2019年6月1日より、ドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」がスタートします。
また2019年5月13日には、auが2019年6月1日から提供を開始する3種類の新料金プランを発表されました。
両キャリアとも、「新料金プランでは通信料金が最大4割安くなる」と宣言していますが、やはり他キャリアと比べてみないと不安ですよね。
そこで今回はドコモ・au・ソフトバンクの通信料金にスポットを当て、すべてのデータ容量帯での料金を比較してみましょう。
各容量帯でどのキャリアが最も安いのかを、調べてみましたので参考にしてみてください。
ちなみに携帯電話の通信料金は、以下の2要素から成り立っています。
データプランの料金+通話プラン(基本プラン)の料金

 
スポンサーリンク
 

ドコモ・au・ソフトバンクの通信料金を比較

データプランにおいて最も重要な点は、月に使えるデータ量です。
そこで今回は、以下3つのデータ容量に分けて、ドコモ・au・ソフトバンクの料金を比較しました。
1GB未満のプラン料金(最安料金)
最も容量が多いプランの料金(最高料金)
1GB以上7GB以下のプラン料金
なお、ここから紹介する料金は2年契約以外の割引は適用していない価格を用いており、すべて税抜です。

1GB未満のプランの料金比較
キャリア名
プラン名
月額料金
ドコモ
ギガライト
(1GB未満)
2,980円
au
新auピタットプラン
(1GB未満)
2,980円
ソフトバンク
ミニモンスター
(1GB未満)
2,480円
※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合
1GB未満のプランでは、ソフトバンクが最も安くなります。
ドコモとauは同料金で並ぶ結果となりました。
最大容量プランの料金比較
キャリア名
プラン名
使えるデータ量
月額料金
特筆事項
ドコモ
ギガホ
30GB
6,980円
30GBを使い切っても最大1Mbpsで通信
au
auデータMAXプラン
無制限
8,980円
5G時代を見据えたデータ無制限のプラン
ソフトバンク
ウルトラギガ
モンスター+
50GB
5,980円
YouTubeやLINEなどの通信でデータが消費されない「SNS放題」
※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合
最大容量プランでも、ソフトバンクが最安です。
使えるデータ量が50GBと多い上に、動画やSNSで通信し放題の「SNS放題」というサービスまで付いてきます。
反対に、最も料金が高いのは新料金プランのauです。
ただ、使えるデータ量が無制限という非常に強い魅力も持っています。

 大手キャリアの通話プランを比較

キャリア名
家族間
通話無料
5分以内の
通話し放題
国内通話
無料
ドコモ
0円
700円
1,700円
au
0円
700円
1,700円
ソフトバンク
1,200円
1,700円
2,700円
※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合
通話プランの料金はドコモとauが圧倒的に安く、ソフトバンクはかなり高めの料金設定となっています。
 
スポンサーリンク
 

データ+通話プランの料金を比較

1GB未満のプランの料金比較
キャリア名
プラン名
月額料金
ドコモ
ギガライト
(1GB未満)
+オプションなし
2,980円
au
新auピタットプラン
(1GB未満)
+オプションなし
2,980円
ソフトバンク
ミニモンスター
(1GB未満)
+通話基本プラン
+ウェブ使用料
※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合

最大容量プランの料金比較
キャリア名
プラン名
使えるデータ量
月額料金
特筆事項
ドコモ
ギガホ
+オプションなし
30GB
6,980円
30GBを使い切っても最大1Mbpsで通信
au
auデータMAXプラン
+オプションなし
無制限
8,980円
5G時代を見据えたデータ無制限のプラン
ソフトバンク
ウルトラギガ
モンスター+
+通話基本プラン
+ウェブ使用料
50GB
7,480円
YouTubeやLINEなどの通信でデータが消費されない「SNS放題」
※2年定期契約(自動更新・解約金あり)の場合
データプラン単体では非常に強かったソフトバンクですが、通話プランの料金も加味すると、ドコモの方が安くなります。
auはドコモより2,000円ほど高いのですが、データ無制限という強みはやはり魅力的ですよね。

まとめ

以上になります。
自分の使い道にあったプランを選んで賢く安く利用しましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。